スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神崎の峠うどんで田舎うどんを食べてきた 


峠うどん
■峠うどん

 神崎に行く機会がありまして、川久保線沿いの峠うどんで昼を食べてきました。

 川久保線は昔、毎日朝夕通った通勤路なので、峠うどんの店の前も1000回くらいは通ったはずですが、今回が初めての峠うどんになります。

 初めて入った店内は古民家風。少し迷って店の名前ににもなっている峠うどんを注文。

 椎茸、竹の子、フキ、ゴボウなど非常にヘルシーなうどんで、スープもあまり塩辛くなく、甘めの(椎茸?)スープになってます。

 結構うまいじゃないの。

 そして、今日は写真を携帯ではなくデジカメで撮っているので何だかいつもより美味しそうです。

 普段、携帯ばかりつかっていると忘れてしまいがちな、デジカメの力を感じます。

峠うどんのうどん
■峠うどんのうどん

 優しい味のスープと具材ですが、麺のほうも結構うまい。なんだ、初めて来たけど良いうどん屋じゃないか。

 そんでもってこっちの写真はアイフォーン。こだわりなどなく手元にあるもので写真撮ってます。アイフォンだと写真のレベルもこんな感じ。そうアイフォーンならね。

田舎うどん
■田舎うどん

 こちらはもう一品。その名も田舎うどん。

 具が鶏肉とニンジンになると、田舎うどんになるそうな。とりあえず、峠うどんも田舎うどんもどっちも田舎っぽいですが。

 そして、やはり感じるデジカメの力。写メでは足りないものがあるのかもね。 

峠うどん定食 820円
■峠うどん定食

 そんでもって、こちらが定食の内容。特に椎茸ごはんが、椎茸風味が満載の非常においしい炊き込みご飯でした。こちらの写真はデジカメですが・・・はて??。しかし炊き込みご飯もおいしいなぁ。

 ・・・さて、今日は写真がよく撮れたからか、非常にまったりとしたシマリの無いブログとなっておりますが、こういう時は、最後に一句唄でも詠んでブログをピリッと〆ようかと思います。

<旅路の句>

 しいたけが 歳をとる程 好きになる


 これは本当に何でなんでしょうかね?。椎茸って多分みんなそうなんじゃないでしょうか。味の深みがわかるようになってきたんでしょうか。小さいころはヌルヌルが苦手で食べられなかった椎茸が、いつの間にかむしろ食べたいという。明らかに昔より椎茸が好きになった気がします。

 そういえば、峠うどんのメニューの中に、具材が椎茸オンリーという「椎茸うどん」というのがあったのですが、もう少し私が歳をとっていれば、きっとそれを頼んでいたことでしょう。

 そして、このブログもカレーやハンバーグ、ピザなどは全く出てこず、いつの間にか椎茸やひじきばかり出てくるようになるのでしょう。それはそれで魅力的なことではないですか。

 そんなブログになる日まで、急がず休まず続けていければと思っておりますので、これからもよろしくお願いします。

 まあがっつり休んでるけどね。それではまた。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saganotomo.blog18.fc2.com/tb.php/575-a695eac8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。