スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンガポールに寄ってきました!! 


モルディブ 1352

 昨日の続きになりますが、モルディブにはシンガポール航空で行きまして、飛行機がシンガポール経由だったため最終日にシンガポール市内観光が付いてました。行程上のおまけ見たいなもんです。

 旅行の最終日なのと長時間の異動で、めちゃくちゃ疲れていたわけですが、初シンガポールなのでやっぱりうれしいもんですね。

 最初の写真は、シンガポールと言えばやっぱりマーライオン。

 ちまたでは、ちっちゃくてがっかりするなどと散々な言われ方のマーライオンですが、その先入観があったからか実物を見てみると個人的には結構いい感じ。なかなか大きいし、エキセントリックでいい感じのデザインです。

 いいねぇマーライオン!!


モルディブ 1343

 しかし、そんなことより、どうしても気になってしまう物がありまして、それがマーライオンの向かいのビル。

 なんじゃこりゃ???

 何と言えば良いんでしょうか。ビルの上に船が乗っているといいますか、あまりに近代的というか衝撃的なデザインです。ガイドの方に聴いたところ最近できたばかりの高級ホテルで、あの上に乗っている船は豪華なプールなのだそうな。すごいですな。

 さーて、せっかくの有名観光地ですので、この気持ちを込めて芭蕉のように久々の旅路の句でも読みますか!

【旅路の一句】

  マーライオン 向かいのビルに 負けちゃうね (ガオー!)


 マーライオンと言うからには、頭はライオンなので、ガオーと鳴くかと思うのですが、最後のガオーには、進みゆく時代に取り残された古きものの悲哀がこもっている感じになっています。

 そう考えると、心なしかマーライオンの背中にも哀愁が。

 シンガポールの主役はお前だ!。その口から出ている水であんなビル吹き飛ばしてしまえ!。マーライオン!!!

 しかし、口から出た水は海に力なくどぼどぼどぼ。

 ・・・マーライオン吐いてるの??


モルディブ 1359

 そんでもって、次に連れて行ってもらったのはチャイナタウン。非常に活気があるレストラン街(フードコート)で地元の人と観光客とでごったがえしておりました。 

 この店では、まるごとぶら下げてある鶏を、おばちゃんがでかい中華包丁でバンバン切って売っていましたが、この勢いがいいです。 こんな店が数十件くらいありました。

モルディブ 1361
■注文 トムヤンクン

 その中から、昼ごはんで食べたのはこちらのトムヤンクン。150円くらい。日本の3~4分の1って値段です。安い!

 トムヤンクン。何か、地の物って感じがしていいじゃないですか。

 そして注文して一口食べてからとても重要なことを思いだしたのですが、実は私はトムヤンクン大嫌いでして、この独自の臭いがとにかく苦手。

 だったら注文しなければ良いじゃないかと思われそうですが、異国の風が人を狂わせるんだと思います。


モルディブ 1371

 さて最後の一枚ですが、ちょっとありがたい写真で、シンガポールで最も大きな寺院の金の仏像×3。

 もうもうとしたお香の煙の中に立つ黄金の仏様は圧巻で、100名近い人々がお経を唱えており、そのありがたさは半端じゃありませんでした。まさに人が作りだした異空間。

 私は無宗教に近いため、こういったものに殆ど免疫のなく、宗教パワーが強すぎて何だか熱に浮かされるような感じでした。ありがたや~~(@_@)。

 
 こんな感じのシンガポール。いわばおまけで立ち寄ったわけですが、近代的なもの、発展途上なもの、宗教的なものと様々なものが混ざった面白い国でした。


 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saganotomo.blog18.fc2.com/tb.php/504-99eba103

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。