スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初春御挨拶&モルディブの話 


モルディブ 1138
■ 朝日!

 えー、正月気分も抜けたころではありますが、新年あけましておめでとうございます。今年もまたよろしくお願いいたします。

 今年の干支はうさぎですので、みなさまにとって飛躍の年となりますように。ぴょーんっと!

 さて、冒頭の写真ですが、2011年最初の写真ですので何か縁起のいいものをと思いまして、昨年新婚旅行で行ってきたモルディブの朝日にしてみました。朝日ってどこの国でもめでたいよね。

 モルディブに行ったのは、1カ月ちょっと前のことなのにああ懐かしい。

 そういえばモルディブのことは、いつかブログに書こうとしてそのままになっていたため、ついでにと言う訳ではありませんが少しそのことを書いてしまおうかと思います。

 年明け早々、なんか年忘れ企画のようであれですねぇ(>▽<)


モルディブ 991

 モルディブと言いますと、知っている人より知らない人の方が多いんじゃないかと思いますが、インドの南西にある縮尺が大きな世界地図には載らないくらい非常に小さな島の国。

 むしろ海の国と言ってもいいくらい本当に海ばかりのところです。

 しかし、その海が半端じゃなく青くて綺麗。モルディブにはこの海を生かした小さな島のリゾートが沢山あるそうで、私も海とコテージとレストランしかない島でのーんびり過ごしてきました。

 こんな写真を引っ張り出すと正月早々仕事のやる気をなくしてしまいそうですが、あーなつかしい!


モルディブ 969

 宿泊したのはこんなところ。

 水上コテージについては、もっと本格的なHPが沢山あって臨場感あふれた紹介が多々ありますので細かくは書きませんが、すぐ海なのでなんだか楽しい、風が強いとちょっと怖い。そしてなんか贅沢。そんなところでした。

 部屋からすぐ海に出れるので、軽く泳いだり、近くに魚が沢山いるので追っかけまわしたり。

 私より魚の方が明らかに早いのでちょっとびっくりさせるとぴゅーっと離れて行きます。海はお前たちのものだよ。

 時々遠くの方でイルカがジャンプしているのが見えたりもします。思えば凄いことだ。
 

モルディブ 974

 続いて島の方。

 水上コテージの桟橋が島に続いている(島から水上コテージに桟橋が続いている)のですが、小さな島で一周が歩いて15分くらい。散歩するのにちょうどいいです。

 写真だけ見るとうっそうとした南国の森のようにも見えますが、津波が来たら一発アウトの本当に小さな島です。その小さな島に、レストランやらバーやらホテルのメイン施設があります。

 海抜2mくらいしかないけど、本当に津波が来たらどうするんだろうか。


モルディブ 952

 
 小さな島にはヤシの木やらの間を縫うように散歩道があって、木々の葉が強い日差しをさえぎってくれて歩くと非常に心地いいです。

 普通にトカゲが歩いていたり、小さなカメレオンのような奴がいたり、小さなカニがいたり、上ではカラスがカーカー鳴いていたりと、中々の散歩コースです。

 非常にまったりとしているし、カラスは中々うるさいです。


モルディブ 1215
■海の中

 続いては海の中。

 海がきれいと聞いていたので、どうしても海の中の写真を撮りたいと思い、デジカメ防水セットを持って行ったもので、泳ぎが達者じゃないくせに泳ぎながら激写。(この防水セットは安くてなかなか役立ちました → DiCAPac α(ディカパック アルファ) WP-410 )

 モルディブの海はタヒチの海と並ぶダイビングスポットだそうで、ダイバーの人は大物のジンベイザメやマンタを求めて沖の方で潜るのだそうな。

 もちろん文化系の私はダイビングはできないので、シュノーケル付けて島の周りをうろうろ。

 サンゴの周りには山ほど魚がいるので一緒に泳いだり、指を出して噛みつかれたりして遊びます。そして時々写真を激写。魚がたくさんいるので、素人の私にもたまーにいい写真が撮れます。

 
エビパスタ

 そんでもって旅の楽しみと言えば、未知のものとの出会い(素敵なフレーズやね)と、もう一つはやっぱり食べもの。

 こちらはレストランで食べた(英語のメニューなのでなんとなくしか覚えてないですが)確か何とかペスカトーラ。

 食事はやっぱり海の国なので魚介系が中心。なので牛肉などは殆どなく、肉を食べてもチキンやソーセージなどでした。

 モルディブの島は様々なランクのリゾートがあるため、もっと高級リゾートに行けば、フルコースのステーキなど出てくるんだと思いますが、割かしリーズナブルな島だったのもあって海の幸ばかりです。

 しかし味の方は観光客向けにしっかり勉強してあるので、かなり美味しく大満足!。やっぱりエビはご馳走だ!!

 いつの間にか食べ過ぎてしまうし、欧米文化っぽくついつい昼間っからワインなど飲んでしまうしで、いつもフワフワした感じでした。

 そういえば、モルディブはインドの近くと言うことで色々な種類のカレーもありました。どれも辛くて旨し!

 
モルディブ 935

 最後に海に沈む夕日。

 周り中が海ばかりなのでどこで見ても海に沈む夕日です。これは部屋のベランダのデッキチェアーでごろごろしながら見てるのかと思いますが、思えば贅沢な話ですなー。

 沈む夕日を眺めながら、ぼーっとしたり、本を読んだり、御飯美味しかったなぁなどと思ったり、最終日ごろは仕事行きたくないなぁなどと考えつつのんびりしてきました。


 こんな感じのモルディブ旅行。

 いやーのんびり。本当にのんびりしてきたんですねぇ。

 旅行記はアンコールワットの時に長々と書きすぎて、アクセスががっつり下がったのでこれくらいにしときます。

 それでは、まったりとしたスタートですが、今年もまたよろしくお願いします。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saganotomo.blog18.fc2.com/tb.php/503-89355137

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。