スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐世保バーガー&常設展示 @ 佐賀県立宇宙科学館 


佐世保バーガー
■注文 佐世保バーガー(チーズバーガー)400円

 前回から1週間もたってますが、昨日の宇宙科学館「はやぶさ帰還カプセル」見学の続きです。

 宇宙科学館に普段どのくらいお客さんが来ているのかはわかりませんが、やはりと言うかこの日は特別。過去最高の1日で1万人近い人でだったとのことです。

 行列が出きるほどのはやぶさフィーバーっぷりでありまして、人が集まる処には自然と祭りが始まるとでもいいましょうか、たこ焼き、梅ヶ江餅、クレープなどなど10件ほど出店がでていました。

 せっかくだし何か食べようと思いまして、小腹も空いていたのもあり、選んだのはがっつり目の「佐世保バーガー」

出店

 おたふくソースのハンバーガー久々に食べましたがうーんいいもんですな。ボリュームたっぷりで大満足。値段も400円と御当地バーガーにしてはリーズナブルです。来るのが遅かったのもあってもう夕方近くだったもので、店も閉店っぽい雰囲気でしたが、駆け込みで食べれてラッキーです。


館内

 せっかく来たので「はやぶさ」以外の展示品も見ていこうということになりまして、常設展示ブースの方も見学もしてみることにしました。近未来的な館内をうろうろします。

 しかし、大人気のはやぶさは無料公開で、いつも置いてある常設展示の方は有料の500円。

 この値段設定には若干の違和感を感じますが、科学とは人類の好奇心、そして進歩のたまものです。

 そもそもが金銭目的などと言った小さなスケールのものではありませんので、お金のことをとやかく言うのは野暮ってもんなんでしょう。

 
立体迷路

 入ってしばらく行くと一際大きく目についたのがこちらの立体迷路。

 上の方に入口があり、パイプの中を伝って下に降りてくると言う、なんとも楽しいアトラクションです。

 面白そうなので出口から中を覗いてたところ、出口から出てきた小学生位の男の子に、「ここは出口だよ。上に入口があるよ。一緒に行こう!!」っとかなり積極的に誘われました。

 うーん。かなり入りたいですが、サイズ的にはどうも大人は入ってはダメな模様。

 さそえってくれた子供には、「どうも大人はだめらしいよ~」と断りましたが、本当はおじさんは勇気がなかったんだよ。


魚の目

 しばらく進むとさまざまな動物の人形の頭が展示してあるブースがありました。動物の頭を被ると、その動物の目や耳を実体験できるアトラクションのようです。

 とりあえず魚の目線でのぞいてみましたが。うーんシュール。

 被写体は一緒に行った友人です。

 カジュアルな感じの猫背の魚ってなんかいいです。私だけ大爆笑。周りの子供たちはしーん。


うさぎの耳

 続けて、こちらはウサギの耳の聞こえ方をすると言う、見た目がシュールな展示品。モデルは私です。

 さっき別の子供がやっているのはかわいかったのですが、大人がやると気持ち悪さが格段にアップします。

 確かこのときは周りに沢山の子供達いたはずですが、被り物をとってみると一人もいなっくなっていると言うことは、みんなこの異様な雰囲気をさっして離れて行ったんでしょう。目の感じとか、なんか心が壊れたウサギのようです。

 うーん来年はウサギ年だし、この写真で年賀状いけるんじゃないかと密かに思ったりしましたが、若干地味目の服なんで、次に来る時はもっとポップなウサギで行きたいところですな。


ぞうの耳

 そしてこちらはゾウの耳。悪乗りしてパオーンなどと言ってみたり。

 カレー屋で良く見かける象の神様ガネーシャみたいな縁起がいい雰囲気になるかと思いきや、妙にダークな雰囲気の象人間のできあがり。こちらもやっぱり気持ち悪い。

 ■ ■ ■

 他にも、飛行機が飛ぶ仕組みやら、鯨のオブジェやら、やたらカレーのにおいがするフードコートやら、ソーラーシステムやら色々あって、特に飛行機の歴史と言うDVDは爆笑ものなんですが、映像じゃないと面白さが伝わらないのが残念です。最初のころの飛行機無茶しすぎ。人に羽とか。

 こんな感じで、かなり満喫した宇宙科学館。はやぶさがなくても十分と言うくらい楽しんできました。

 子供ずれの方が確実に楽しめると思いますが、大人(男2名)でも十分楽しめたので、安く1日遊べるプランとして是非とも確立されて欲しいものです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saganotomo.blog18.fc2.com/tb.php/499-dad2704f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。