スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンコールワット旅行記33 プレループ他 


プリヤカーン入口
◆プレループ

 タ・プロームを後にして、最後に小さい遺跡をいくつか見たのですが、もともとバテバテなのに炎天下での観光のため日射病寸前で正直もうヘロヘロでして、すでに歩くのがやっとの状況になってました。本当に体力勝負の観光です。(^_^;)

 おもしろい遺跡もあったのですが、もったいないことにぼんやりとしかおぼえておりません。

 ブログもえらく長く書いてきたため私の語彙的にも遺跡を表現する言葉がもう出てこない状況でもあるため、最後の最後でまさかのダイジェストでいきたいと思います(―。―;)

 参道の、先に見えるの、なんだろな?


プリヤカーン
◆プリヤカーン

 参道の先にはやっぱり遺跡プリヤカーン。遺跡の中は石づくりなので涼しかった。(こんな感想??)
 

プレループ
◆プレループ

 次のこれはプレループ。なんでも昔の火葬場なんだそうな。しかし、この期に及んで急な階段の遺跡とは・・・


プレループ上から
◆プレループ頂上から

 貧乏症なのもあってせっかく来たのに登らずにはいられないわけで、体に鞭打ちやっぱり登って見る。眺めがいいです。その時は疲れ切っており気が付きませんでしたが、あらためて写真を見るとエキゾチックな雰囲気の女性もいたようで。

 疲れた体では、ちょっとした高さでもとてつもない程の達成感。(^_^;)


尖塔の中
◆プレループ尖塔の中

 そういえば、これまで塔の中がどうなっているかを書いていませんでした。書かなかったというより、特に何もなかったと言うのが正しいのですが、中はこんな空洞になっており、ここは天井に穴があいているパターンでした。よく崩れないものです。

 要するに特に何が有るわけでもないということをお伝えしておきます。


ニャックポアン
◆ニャックポアン

 そして、これがカンボジア旅行最後の遺跡。

 聖なる池の中にある小さな塔状の遺跡。その名もニャックポアン。

 湧き出る聖なる水には病を治す力があると信じられており、多くの病人がここを訪れたのだそうです。今でいうところの病院といったところでしょうか。

 小さいのでまあまあ・・・と言うか・・・正直もう限界・・・疲れ切っております(―。―;)
 最後にここでの私とガイドさんの会話

 ガイド「水の中にある遺跡で、昔は病人がここの水を飲みにきていました。」

 私 「面白いけど、さすがにちょっともう疲れました。(@_@;)」

 ガイド「ここの水を飲めば、元気になるかもしれないです。あははー。」

 私 「あははー(―。―;)」



アンコールワット旅行記34 帰国の途

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saganotomo.blog18.fc2.com/tb.php/408-4df8bda3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。