スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンコールワット旅行記24 中華料理&アーティザンA 


チキンバーと
◆わんさか出てくる中華料理

 午前中の遺跡見学を終えて昼ごはんを食べにシェムリアップの街へ。今日はなぜかカンボジア料理ではなく中華料理らしいです。すでにコースは決まっているのですが、しかしまあ、お皿が来る来るわ。食べられないって。(―。―;)

 外国人観光客向けの店なので店員(ボーイさん)は英語が話せるようなのですが、えらく恥ずかしがり屋なので聴いても教えてもらえず料理の名前は全く不明です。

 日本人がシャイなのは有名ですが、カンボジア人も似ているのかもしれません。味はいいのでこの際名前は何でも良いですが、とりあえず量が多すぎたので半分ぐらいしか食べられず。

のりスープ
◆のりスープ

 店員さんが照れまくりの中で、はにかみながらも唯一教えてくれたのが、こちらのスープ。のりスープです。

 しかし、このボーイさん。のりスープが通じたのがよほどうれしかったのか、「のりスープ!。のりスープ!」とこの後は何を聞いてものりスープ連呼。こちらも愛想笑いするので余計に図に乗ってしまいました(^^;)

 ちなみにのりスープの味は普通。中の下くらい。


アーティザン
◆土産物工房アーティザンアンコール

 このあとはお土産物工房のアーティザンアンコールを見学。絵、織物、彫刻、かごなどの手製工芸品がたくさんの職人の手によって作成されていました。なんでも、手に職をつけた聾唖者の方々が作成しているのだとか。


IMG_6705.jpg
◆象の置物作成中

 そう言えば象の置物が欲しいと思っていたので、この手彫りの象はかなり気にいったのですが、なんと値段が81$・・・。商売の神様のありがたーい象なのですが、日本円だと8000円なので、これは高い!

 もう象の影絵もかってしまったので、ここは我慢して見なかったことにしました。

 この象の他にも色々とありますが、これまで観光地で投げ売りされていた土産とくらべて、はるかにハイレベルな品々が置いてありましたがもちろん値段もハイレベル。結局、ここでは何も買わずに店を後にしました。観光客プライス恐るべし!

 土産物やの次はこれまでの遺跡見学とはちょっと違う、トンレサップ湖という東南アジア一大きな湖のクルーズなのだとか。

 ガイドブックの写真を見るに茶色に濁りまくった湖なので、爽やかなクルーズと言った雰囲気は全くないのですがどうなることやら。


アンコールワット旅行記25 トンレサップ湖クルーズ


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saganotomo.blog18.fc2.com/tb.php/401-a7a32633

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。