スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンコールワット旅行記16 アンコールワット前庭より 


4聖池に映るアンコール・ワット
◆池に映るアンコールワット

 アンコールワット場内に入ってガイドさんが一番きれいに見えるポイントの一つとが案内してくれました。聖池と言う池越しに見るアンコールワット。

 日本でも湖面に映る逆さ富士など有名ですが、それと同じ感性とでもいいますか、国は違えど美しいものに対する気持ちには通じるものがあるのでしょう。確かにきれいです。写真で伝わればいいのですが。



5庭と気球
◆庭とバルーン

 場内の庭はこんな感じ。参道も長かったですが、こちらも広大です。

 中央には外からの続きの大きな参道、その途中に2つの石造りの経蔵、2つの聖池(たぶんありがたい池)、さらに遠くには気球が浮かんでいるという、この世とは思えない風景でした。なんだこりゃ。まるであの世に来たようです。フゥー (゚Д゚)y-~~    

 あの気球は、空からアンコール遺跡群を観光するのでしょうが、もってきた双眼鏡でのぞいたらANGKOR BALLOON(アンコールバルーン)と書かれていました。

 他に思いつかない位べたな名前が素晴らしい。


6アンコール・ワット
◆アンコールワット近景

 アンコールワット近景。うーんでかい。そして、なんかやっぱり工事中。

 そう言えば気がつけばいつの間にか雨もやんで一安心です。雨上がりなので虹が出ないかと期待しましたが、さすがに都合よく虹まではでなかった。それは贅沢というものか。

さーて、これから中に入ります。思えば中は一体どうなっているのやら。


 →アンコールワット旅行記17 内部の壁画

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saganotomo.blog18.fc2.com/tb.php/395-ae481703

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。