スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンコールワット旅行記13  象のテラス 


象が歩く
◆アンコール・トムの象。なかなか早い。

 バイヨン寺院を出たところにゾウがいました。観光客を乗せてのっしのっしと歩いています。面白いので子供のようにゾウだ!っと近寄ったのですが、前から見ると象の目が本気すぎてドン引き。

 身の危険を感じて思わず離れました。間違ってもからかってはならないタイプの目をしています。象は猛獣。


像のテラス1
◆象のテラス

 本物の象の後には、象のテラスと呼ばれる象の浮き彫りが大量に施されたテラス状の壁画を見に行きました。長いテラスの壁に象の彫刻(写真だと非常にわかりにくいですが)が数十体は彫られている遺跡です。

 もちろん象の柄に同じものなど一つもなく、鼻で牛を捕まえていたり、鼻で子どもと遊んでいたり、まさかのライオンと戦っていたり、どれもかなり個性的。


浮き彫り
◆象のテラスの端っこにある彫刻

 象ではありませんが、象のテラスの端にあった浮き彫り。地味なところですがここの立体的な彫刻は異常にすごいです。


遠くに見える別の遺跡
◆遠くに見える名もなき遺跡

 ちなみに、こうやって感心しながら象のテラスを見ている私の後ろ側、100mほど離れた所にはこんなに良い感じの遺跡があるのですが、こちらには全く触れることなく、まるで石や木と同程度の扱いです。

 よく言っても大きな木。

 贅沢な観光資源と言いますか、なんか遺跡バブル。


沢山ある遺跡
◆沢山ある触れられない遺跡

 触れられない良い感じの遺跡は1つではなくこんなに沢山・・・気になる。(―。―;)

 ガイドさんがあまりにも触れないので聞いてみたところ、なんでも昔の裁判所なのだとか。へー裁判所か。

 面白そうだし近くでみたいなーと思いつつ、いやいやこのレベルはスルーと言い聞かせて、象のテラスを鑑賞。象の彫刻やっぱりすごいなぁ。


 →アンコールワット旅行記14  カンボジア風ラーメン&休息


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saganotomo.blog18.fc2.com/tb.php/392-d915838f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。