スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンコールワット旅行記11  バイヨン寺院に登る 


バイヨン寺院
◆ジャングルの奥にバイヨン寺院が見えてきた

 南大門を抜けて再び車に乗り数分。ジャングルの一本道の先に突如見た事のない形の大きな遺跡が見えてきました。

 有名なアンコールワットとも形の違う遺跡。アンコール・トムの中心にあるバイヨン寺院だそうです。


バイヨン寺院近景
◆バイヨン寺院近景 よく見ると顔が

 なんじゃこの遺跡というのが第一印象なのですが、よくみると沢山ある塔のすべてに顔の彫刻があるという、先ほどの門と同様、こちらもまた異様な作り。大量のでかい顔。


沢山の顔
◆バイヨン寺院の尖塔

 先ほどの2枚でもよーく見ればわかるかもしれませんが、アップでよく見ると沢山ある尖塔のひとつひとつに顔が4つずつ、全体では数十箇所に仏様の彫刻がほどこされています。
 その仏様の顔は何故かみんなちょっとだけ笑った顔。
 ( ̄ー ̄)( ̄ー ̄)( ̄ー ̄)( ̄ー ̄)ニヤリ。

 初の本格的な遺跡でテンションも上がったところで、せっかくなので旅の句でも詠んでみようかと思うわけですが、さて。

 <旅路の句> バイヨンに 顔はいくつ あるのやら

 まあ素朴な疑問なわけですが、・・・196個だそうです。こりゃ思った以上に多い。すごいね。


急な階段
◆バイヨン内の急な階段

 遺跡内は階段ばかりで非常に大変。しかも一段の幅が10cmくらいしかないと言うハシゴのような勢いの階段なので、登りにくくてしゃあないのですがそんなものは遺跡を見て上がったテンションで一気に駆け上ります。

 (まだ観光1日目だし元気なので。旅行後半はかなりへばる・・・。)


絵描 一枚10$
◆バイヨンの絵描き 一枚10$

 遺跡内の傍らにバイヨンの絵を描いて売っている人がいました。結構いい絵を描いているので値段を聞いたところ一枚10$とのこと。10$と言えばカンボジア価格で考えるとぼったくりのような気がして買わないことに。

 騙されないぞ。観光客なめんなよ。(゚Д゚) !!

 まあ、実のところ帰ってきてから考えれば900円程なのでそう高いわけでもなく、買ってもよかったなと少し後悔しているのですが今となってはしょうがない。

 もしかしたら彼はただの絵描きではなく、過去の遺産を未来へと伝える・・・なんてことはあるはずもないですが、おそらくもう2度と会うこともないのでそう言う事にしても良いのかもしれません。かっこいいし。

 こんな感じでバイヨン寺院をうろうろ。


 →アンコールワット旅行記12 バイヨンの男前


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saganotomo.blog18.fc2.com/tb.php/390-87c2d671

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。