スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近うれしかったこと in 美容院 


ご無沙汰しております。最近忙しかったので久しぶりの更新になりますが、こんなブログを覗いてくれていた方もおられるようで、どうもありがとうございます。

 と久しぶりの更新なので気合いをいれていきたいわけですが、今日は先日髪を切りに行った時の話。先日の休みに、今年最後の散髪にモラージュへ美容院に行ってきました。

 この美容院ってやつは、なんて言うんでしょうか、男も女もおしゃれな店員ばかりなので、おしゃれに自信のない私としては若干の劣等感というか居心地悪さというか、そんな気持を持ちつつ髪を切りにいくわけです。

 この日もそんな微妙なテンションの中、若いおしゃれな女の子の店員に受付をしてもらったのですが、その際にこんなことを言われました。

私 「1時半に予約をしていたのですが・・・(ボソボソと)」

店員「はい、お待ちしていました。そと寒かったんじゃないですか。こちらでしばらくお待ちください。」

私 「はい・・・」(―。―;) 

店員「では、こちらでしばらくお待ちください。なんかすごくおしゃれですね!」

私 「はい・・・え??」∑( ̄□ ̄;)


 ・・・なんか、すごくおしゃれですね・・・

 ・・・なんか、すごくおしゃれですね!?

 私はと言いますと、まあうだつが上がらないというほどではないとは思うのですが、決しておしゃれなタイプではないのです。

 この日の格好も決して良い感じではなく、昔からはいてる安いジーパン、ユニクロほどではないがやっぱり安いダウン(茶)。

 そして、髪は伸びすぎていて、しかもどうせ洗うから整髪料などなし、不精ひげ、運転用・読書用のメガネ、唯一おしゃれかもと思えるのは腕時計のGショック(しかも所詮Gショック・・・)といった格好だったのです。

 なのにいったいなぜに突然、職業としておしゃれを追求しているであろう美容院の店員から「すごくおしゃれですね。」などと言う言葉をかけられたのでしょうか?。

 むしろ、あまりに思っていない所を褒められたので、嬉しさを通り越しで疑問が生じる始末です。

 これは何かおかしいと思い、いろいろと考えたわけですが、不精ひげ、メガネ、ぼさぼさの頭、無造作なダウンとジーパンあたりの、ひとつではおしゃれとは程遠い要素が絶妙に組み合わされた。それらが、ありえない確率で融合することにより、まさかのオダギリジョーのような感じの超ハイレベルなバランスでまとまったのではなかろうかという結論に達しました。

 そして、美容院の受付嬢が思わず「すごくおしゃれ」と声をかけずにはいられない、スペシャルなおしゃれさんが完成したのではなかろうかと言うわけです。

 ・・・まあ、いろいろ書きましたが、単純なるビジネス的なお世辞なのだと思うのですが。要するに、年末にちょっとうれしかったのでよかったという話でした。めでたしめでたし。

 しかし、早いもので今年もあとわずか。皆さんどのような一年だったでしょうか。

 私はといえば、いろいろとあった一年ですが、最後の年末にビックイベントが控えており、明日から大みそかにかけてアンコールワットへ旅行にでかけることになっていまして、今年はもう更新できないかもしれません。

 最後の更新になるかもしれませんので、ごあいさつをさせていただこうかと思います。

 今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いします。良い年になりますように。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saganotomo.blog18.fc2.com/tb.php/372-7ce3cc0e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。