スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特命係長 只野仁 が妙にツボにはまった! 



~ 冒頭ナレーション ~


  只野仁!!

  大手広告代理店の窓際係長!
  しかし、それは表の顔に過ぎない!

  彼には会長直属の特命係長として、
  様々なトラブルを解決すると言う、
  もう一つの顔があった!!!。




 このナレーションをタイプするだけで若干テンションが上がるという、。深夜ドラマ「特命係長只野仁」に最近ハマっております。

 高橋克則が主演のこのドラマ、表向きは駄目係長の只野仁(ただのひとをモジッタ名前)が実は会長(梅宮辰夫)からの特命を受けた特命係長で、数々の難問を解決していくという、まるで安い時代劇みたいなストーリーのドラマです。

 基本的に勧善懲悪ですので、悪事を働き金や女を思いのままにしている悪党どもを、只野仁がなんちゃってカンフーで倒すと言う、私たちサラリーマンにとっては非常に好感の持てる仕上がりになっています。

 また、特筆すべき点として、放送時間帯が遅いことから許される(?)エロシーンの多さがあり、只野仁(裏の顔の方)はとにかく女にモテモテなので、女からの情報収集は原則ベッドの中になります。すげーよ、只野仁!!

 また、違うパターンのエロシーンとして悪党が欲望を満たすため女を思うがままに・・・みたいなのもきっちり映像化されています。主人公側でも悪党側でもエロシーンが可能と言う、2大エースのような素晴らしいシナリオです。(このブログは私は半匿名で書いており知っている人も多いのでなんだか恥ずかしいですが、小さいことは気にするな!)

 このため。登場する女優さんは基本的に脱いでくれる可能性が高いため、普通に登場してきても何故かわくわくします。そういえばこのドラマには蝦原友里(エビちゃん)がまだ人気がない頃からでているのですが、残念ながらさすがに彼女は脱ぎません。売れなきゃよかったのになぁ。

 魅力が尽きない只野仁ですが、最後に、私がハートをつかまれた名シーンを紹介して結びとしたいおと思います。そのシーンは、ドラマの最後に大抵あるボス敵との格闘シーンです。テンションをあげて読んでいただければ幸いです。

  ・
  ・
  ・

 物語はクライマックス!!。駐車場のようなところで敵と戦う只野仁!。

 敵の繰り出したパンチを只野が紙一重の所でかわし、勢い余った敵の拳が民家アパートの壁を突き破ります。

 まあ格闘シーンとしてはありきたりのシーン。普通はこのまま戦いが続いていくだけなのですが、「特命係長只野仁」では他の追従を許さない素晴らしい演出がなされています。

 なんと、壁を突き破った先が、本当に全くの偶然で女湯になっており入浴中の女の子が驚いておっぱいポロリになるのです!!!。バカ殿様のコントかよ!!。

 視聴者が限定されることを覚悟した上でファンサービスに徹するこの姿勢。そんじょそこらのドラマとは志が違うのは言うまでもありません。みんな只野仁を見よう!!


※補足

 噂では「特命係長只野仁」は人気が出てPM10:00から放送になるという話を聞きました。しかし、そうなってしまうと、エロシーンが大幅に制約を受ける可能性が高く人気ががたおちかと思われます。製作スタッフの方々のモチベーション的にも人気が出ない方が、やりすぎる位になって良いと思うのだが。うーむ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saganotomo.blog18.fc2.com/tb.php/357-db5aeb37

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。