スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相撲茶屋大地の大地ちゃんこ@鍋島 


大地ちゃんこ鍋
■注文 大地ちゃんこ 1人前2100円

・場所 佐賀市鍋島 西部環状線沿い34号南
・営業 11:00~20:00 駐車場多数

 まだ季節的には秋だが早くも鍋が食べたくなり、ちゃんこ鍋の店「相撲茶屋大地」に行ってきた。
 魚介類系の北海道ちゃんこやら佐賀牛ちゃんこやらいろいろあるのだが、久し振りなので定番っぽい大地ちゃんこをチョイス。鍋1人前が2100円なのだが、1人前が2人前近い量があるので、ありがたいことに2人で軽くのんで1人2000円弱という非常に安上がりですんだ。

 味噌ベースのちゃんこ鍋は若干塩辛いが、ゴマが効いていい感じ。野菜もたくさん食べれるし具だくさんで最後のうどんまで非常においしく頂ける。写真ではちっとも具だくさんな感じが伝わってこないが、豆腐、つみれ、鶏肉、シイタケなどなど実は結構いろいろ入っている・・・そう見えるように撮らないとだなあ。

相撲茶屋大地の土俵

 そしてちゃんこを食べながら気になってしょうがないのが、テーブルのすぐ横にある店内の4分の1近くを占める土俵。
 相撲には詳しくないが土俵入りしているのは往年の千代の富士?。こういうのがそばにあると相撲に興味があるなしに関わらずやはりテンションがあがるもんやね。

 結構混雑しており順番待ちしているお客さんもいたので、土俵がなければテーブルがもっと増やせるような気もするが、満足度とお酒や料理の進み方を考えると必要なモニュメントなのだろう。

 中州にあるアントニオ猪木酒場のアントニオ猪木人形にも似た雰囲気を感じるが、テンションの上がり方に品があるのと、お年寄りまで楽しめるところあたりが1ランク格上の風格がある。さすが国技!




じゃがチーズめんたい

 2人でちゃんこ鍋1人前だけではさすがに料理が足りないので、もう一品。その名の通り、じゃがめんたいチーズ。じゃがいもに明太子(マヨネーズとあえてたやつ?)とチーズを乗せて焼いたもの。これが適当に頼んだ割にえらくうまかったので写真に撮ったのだが、なんだか得体のしれない地球外生物のような・・・。味は非常にいいんだが。
 料理的にはじゃがいもと明太子とチーズがあればなんとかなるという非常に簡単なものなので、今度家でも作ってみよう。

錦鯉

 最後に店の生け簀(いけす)にいる錦鯉を激写。1袋30円の餌をやると一斉に群がってくるのだが、崖の上のぽにょの魚の群れのような勢いがあり、正直ちょっと怖い。
 写真でで見ても気持ち悪いが、実物はさらにこいつらが動き回って上になったり下になったり大騒ぎするので偉いことになっている。

 あまりに無警戒に集まってくるので、クマがサケを狩るように捕まえたい気分になるが、大人なのでやめておいた。食事している横でこの感じというのはなんとも妙な感じだが、子供は大喜びで餌をあげていたので、これはこれでいいのだろう。

 お年寄りから子供まで楽しめるというのが素晴らしい。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saganotomo.blog18.fc2.com/tb.php/323-44f5af64

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。