スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッツダイビング(の雰囲気)! フォーエバーブルー 


フォーエバーブルーフォーエバーブルー
(2007/08/02)
Nintendo Wii

商品詳細を見る



 最近、じめじめしてるし暑い!。あついあついあつ!。男だらけの我が職場は冷房などそう簡単には入れてくれないので、おっさんたちの熱気でうだるような暑さです。

 今日は、そんな暑い季節にもってこい、一年に1~2回しかやらないものの、たまにやると妙に癒されるという、ダイビングゲーム「フォーエバーブルー」でも紹介しようかと思います。Wiiのダイビング疑似体験ゲームなのですが要するにグルメ的なネタが無いわけです。



 この、フォーエバーブルー。マナウライ島という架空の南の島でダイビングをするというダイビングゲームなのですが、先日、世界一の仕事と題して、半年の報酬1000万円のハミルトン島という南の島の管理人のオーデションがあっていましたが、マナウライ島もそんなイメージの島になります。

フォーエバーブルーは、そんな南の島でのんびりとダイビングをしながらサンゴ礁や魚たちをと触れ合う、もはや目的などないという珍しいゲームです。(一応、生態研究のため大クジラを探しているらしいです。見つからず)

 最近のゲームは昔のドット絵のころのファミコンに比べると格段に画像が奇麗になったものですが、いくら最先端といえども実際のダイビングと比べるとまだまだと言うのが第一印象(やったことないくせに)。しかし簡単に熱帯魚たちやイルカやクジラと触れ合う体験が出来るというのはゲームならではのお手軽さになっています。

フォーエバーブルー シロナガスクジラ

 本当のダイビングでは上級者でないとジンベイザメやクジラと言った大型回遊魚などは目にすることの出来ないだろうし、出会えたところで恐怖心が先にたち近づくこともできないかと思いますが、気楽に近寄り、更にはつかまって泳いだりもできます。こういった点はゲームだからこそ得られる(現実とは良い意味で違う)快感かと思います。

 もぐれる場所も、海底洞窟や海底遺跡など多種多様で、ポイントを押さえたつくりになっており、海底洞窟を進んだ先でマナティーに会ったときには、日ごろの仕事やストレスを忘れてしばらく見入ってしまいました。たかだかゲームなんですが、私にとってはこの感動でもまあ十分・・・と思えば小さな幸せってやつです。

フォーエバーブルー マナティー

 最後にそのマナティーの写真を。心が穏やかになるゲームですので、勉強や仕事に疲れたときに、ちょっと潜って癒されようって感じでやるのがお勧めです。特に夏!。

フォーエバーブルー マナティー

おーこっち見てるぅ~!!!見たいなテンション。癒される~。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saganotomo.blog18.fc2.com/tb.php/247-418185a1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。