スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雲仙温泉 民芸茶屋「力(りき)」のトンテキ! 


トンテキ

 GWに雲仙方面へドライブにいってきました。

 私は仕事柄、雲仙普賢岳にかかわっておりまして、次回の会議までに少し見ておきたいところもあり、ドライブ兼仕事の下見といったところになります。

 忙しい合間の唯一とも言える休日にも仕事のことを忘れない・・・まるでヤング島耕作のようですな!。まあ、もちろん偶然そうなっただけで、9割5歩は遊びですけども。

 ちなみに今回のコースは諫早~雲仙温泉~多比良港~フェリーで大牟田~南関インターの有明海をぐるっと一周コースであります。

 さて、雲仙温泉の露天風呂やら仁多峠やらに行こうかとおもっていたのですが、この日はあいにく小雨。これは観光よりも食べる方に力を入れるのだ!!っと計画を違う方向に切り替えることに。

 そんな決意の中で雲仙の情報誌を駆使して探しだした店が、ホテル福田屋の中にある、民芸茶屋力(りき)です。

 福田屋裏手の駐車場へ車を止めて店内へ。GWまっただ中ということもあり、観光客が順番待ちをしていたので20分ほど待ってカウンター席に通されました。苦労して探した&待った分お腹もへったのでちょうどいい感じです。空腹に勝る調味料はなし!。

トンテキタレが飛びます

トンテキ定食

 お目当ては、ご当地豚の雲仙うまか豚を使った豚肉ステーキのトンテキ。

 溶岩トンテキ定食。1480円です。

 雲仙普賢岳の溶岩(たぶん)でできた熱々の溶岩皿の上に、ソースたっぷりの焼きたてのトンテキが乗って出てきます。とにかく熱々でタレが飛びまくりなのでしばらくは紙のカバーの上から観賞。この食べなくても味が分かるテカテカ具合がいいですね。
 
溶岩トンテキ定食

 脂の乗ったところから一口。ご当地豚とにかくジューシー。しかもこの厚さの豚肉なのにかなり柔らかい。豚肉はさめると固くなりますが、最後までおいしく食べれました。(もちろん最初の方がうまいですが)。期待通り!

 ちなみに、雲仙うまか豚(うまかとん)は、このあたりの方言の「うまかとー(おいしい)」をもじったものだそうです。ふぅ~ん。この程度のダジャレはふぅ~んですな。酒飲めば大笑いしますが。

生姜焼き定食

溶岩生姜焼き定食

 こちらはもう一品生姜焼き。溶岩生姜焼き定食です。1200円。

 こちらももちろん雲仙うまか豚をつかっています。一口食べさせてもらったのですがトンテキの味が濃すぎて口がおかしくなっているため、味がよくわからず(-。-;
 おそらく良い肉つかった生姜焼きなんだと思います。

 このあと、雲仙をぐるーっとまわって温泉入って帰りました。雲仙いいとこですわ。

 結局、一つの目的としていた山の上からの雲仙普賢岳噴火後は見えませんでしたが、今度は天気のいい日にまた来よう。

 それでは!



■店舗情報 民芸茶屋 力 (みんげいちゃや りき)

 TEL 0957-73-2151
 住所 長崎県雲仙市雲仙380
 営業時間 11:00~23:00

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saganotomo.blog18.fc2.com/tb.php/231-0f8f9341

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。