スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あきらめない男祭り!! ダイハード4.0 


ダイ・ハード4.0 [DVD]ダイ・ハード4.0 [DVD]
(2008/10/16)
ブルース・ウィリスジャスティン・ロング

商品詳細を見る


 週末になにかDVDでも見ようと思い帰り道のレンタル屋によったところ、レンタルコーナーの隅の一角に「あきらめない男祭り!!」なるよくわからない映画祭りコナーが設置されていました。

 こう云うのは嫌いではないのですが内容を見てみると「ロッキー・ザ・ファイナル」や「ダイハード4.0」など、いわゆる熱血おやじが熱く戦う映画を集めた祭り(?)のようです。休み前でテンションをあげたいところなので、その中でも有名どころ「ダイハード4.0」をチョイス。ブルースウィルスいつの間にスキンヘッド??

 ダイハードと言えば毎度毎度、妙にパワフルなブルースウィルス(マクレーン刑事)がテロに巻き込まれるお決まりの映画ですが、適当に借りたわりにこれが妙に面白い。

 サイバーテロを受け、信号やら電気水道ガスやらをテロリストに乗っ取られ大混乱のニューヨークを舞台に、ブルースウィルスが衝撃のアクションを繰り広げます。


 長くなりそうなので最後にかっこよかった一番書きたいシーンを一つだけ書こうかと。

 ブルースウィルスと相棒の若者がテロリスト(中ボスクラス)を倒し新たな情報を入手し車で次の目的地へ移動する一コマです。私のつたない英語力によるオリジナル訳になっていますが、要するに正式な言い回しを忘れました。


相棒の若者
 「あんたはすごいね、僕にはとてもマネ(テロリストに一人で立ち向かう)できないよ。」

ブルースウィルス
 「マネだって?。女房には逃げられる、子どもたちは口をきかない。一人で飯を食う。こんな男になんて誰がなりたいもんか。」
 
相棒の若造
 「じゃあ、なんで命がけでこんなことやってんの。」

ブルースウィルス
 「そりゃ、やるやつが誰もいないからだ。誰かやってくれるんならすぐにでも逃げ出したい。でも誰もいない。だから俺がやるんだ。」


 ブルースウィルスの実生活(確か離婚した?)での心の声を代弁するかのようなセリフ。なかなかベタですが素直に見ればかっこいいシーンと言ったほうが適当ですか。ブルースウィルスただのハゲたおっさんかと思ってましたが。うーんかっこいいのかも。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saganotomo.blog18.fc2.com/tb.php/160-c06a9f24

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。