スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベン・ハーを見ました! 


ベン・ハーベン・ハー
(2006/12/14)
ラモン・ノヴァロマーナ・ロイ

商品詳細を見る


べん・ハーを見ました。

 映画史に燦然と輝く超大作「ベン・ハー」。なんだか大げさな感じですがDVDの紹介にそう書いてあったので間違いないと思われます。

 内容はさておき、このベン・ハーなんと本編がDVD2枚組で3時間半あり、途中で突然前半終了の文字と音楽が流れ始めるという、途中休憩ありの超大作です。そりゃ3時間半あるとトイレ休憩もいります。前から一度は見てみたいと思っていたんですが、なにぶん古い映画なものでDVD売り場で目にすることもなく機会がないままになっていました。

 ところが、先日電機屋に言った際に、DVDベン・ハーが売っているのを見つけました。しかも値段はワンコインの500円。どうやらクラシック復刻名画特集の様な企画で発売されたらしいのです。

 しかし!!!

 これ幸いと言うことで即購入し、早速家で3時間半の長さに備えてお菓子まで買って見始めたんですが、何かものすごく古臭い。白黒の上、しかも声が出ないで時々英語のせりふが紙芝居で出てくるという無声映画方式(これはこれで味があるのですが)。

 最後まで疑問に思いながら見たところ、2時間弱くらいで終わってしまいました。これは噂で聞いていたのと違う、なんかおかしいぞ( ̄◇ ̄;)??

 と言うことで改めてパッケージを見ると、なんとベンハーは2作あってその古い方を見てしまったらしいのです。1925年制作。そりゃクラシック復刻というのもうなずけます。部分的にカラーの画期的な作品って(T^T)。

 かなり悔しかったので、次の日再チャレンジするため、DVD屋に行き、今度は間違えないように、1967年作成のベンハーを探しました。
 うちの町で一番でかいDVD屋なのですが、1500円位のはずのベン・ハー通常版は売っておらず、売っているのは5000円もするベン・ハー、スペシャルエディション。

 この際なので買ってしまおうかと思ったんですが、よくよく見るとスペシャル特典ディスクとして付いているのが、なんと1925年ベン・ハー!。昨日買ったやつがそのままついてくるとは・・・。

 さすがに買う気をなくして、他のDVD屋を数件回ったあげくなかったので、結局ネット販売で買いました。
 確かに2作とも名作だったのですが、それより違うところで記憶に残る作品となりました。長くなってしまったので肝心の新ベン・ハーの話はまたいつか書こうかと思います。

 ちなみに下のほうが本当に見たかったベンハー。このパッケージの違い。そもそも色がついてるし。・・・買う前に違うの気付かないもんかね。


ベン・ハー 特別版(2枚組)ベン・ハー 特別版(2枚組)
(2008/04/11)
チャールトン・ヘストンスティーブン・ボイド

商品詳細を見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saganotomo.blog18.fc2.com/tb.php/154-f6347e85

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。