スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仁科庵で品のあるさっぱりうどん2品 


とりとじうどん
■とりとじ南蛮うどん(大盛り) 800円

 休日に、佐賀市兵庫南にあるおしゃれなうどん屋の仁科庵へ行ってきました。

 このところ、結婚式で朝から晩まで飲んだりと飲み会続きで暴飲暴食気味なので、定番の肉うどん・エビ天うどんを避けまして、これまで注文したことのない「とりとじ南蛮うどん」をチョイスしてみました。

 とりとじ南蛮ってどんなのだろうと思っていたところ、要するに親子丼のうどんバージョンと言ったところで、フワフワ卵と鶏肉が優しい味をしています。

 ちょっと細い麺と、品のあるスープによくあっていい味です!

 胃にも優しくていい感じです。
 

梅ささみうどん
■梅ささみうどん 650円

 もうひと品は、さらに変わり種で梅ささみうどんをチョイス。650円です。

 こちらは梅茶漬けのうどんバージョンとでも言いますか、すっぱいスープが食欲増進。具材も梅肉と鳥ささみなので油が殆ど使われてないため、非常にヘルシーなうどんでした。

 こちらもまた、非常にあっさり&すっぱくてうまし!。

 なんかさらりと食べれて贅沢な味です。ゆず胡椒を入れると香りもアップしてさらに良い感じでした。

 今日はまた珍しいメニュー2品ですが、いっつも唐揚げやらピザやら食べてるので、たまにはこういうもの食べて、血液さらさらを目指すのもいいもんですね。

 今日は爽やかメニューだったので、爽やかな雰囲気で終わります。春も近づいていることですし。

<〆の一句>

 梅が咲き 桜も咲いて 春が来る 


 おそまつさまでした。




■仁科庵
・住所 佐賀県佐賀市兵庫南3丁目2-12
・電話 0952-28-0114
・駐車場 あり

スポンサーサイト

文雅の激うまレトルトカレー 


文雅のカレー
■文雅のレトルトカレー

 実家に帰ったところ、ビール、洗剤、ハムなどのお歳暮がいろいろ来ていました。

 全部は使いきれないとのことなので、ありがたく頂戴することになったのですが、その中でも最も興味を引いたのがこちらになります。

 その名も”文雅のレトルトカレー”

 あの、フレンチの文雅がプロデュースするレトルトカレーの缶詰で、レトルトですのでお皿に移してレンジでチンして食べるわけですが、このカレー・・・文雅と名乗るだけあってレトルトのくせに激うま!

 ビーフカレーなのですが、味の深みが半端ではなく、甘いものから辛いものまで様々な味が混ざり合ってめちゃくちゃ高級感ある美味しさです。香りも抜群で、そんじょそこいらのレトルトとは比べ物にならない味。

 実は私はカレーを作るのが結構得意なのですが、私が一生懸命半日かけて玉ねぎ炒めて作ったカレーよりもむしろこちらの方が美味しいような・・・いーや、やっぱり私のが美味しいような(我が子のかわいさから)、とにかく、めちゃくちゃ美味しいレトルトカレーになっております。

 レトルトのくせに、さすが文雅!


文雅
■文雅のレトルト缶

 こちらがそのレトルト缶。

 おまたせしましたと言わんばかりの、ちょび髭シェフのどや顔がいい感じ。

 本格カレーを手早く食べれる夢のような歳暮を頂きました。実家にはまだ残っているそうなので、このおいしさに気が付かれる前にまたもらってこようかと思います。

シアターシエマで午前十時の映画祭! 


IMG_8392.jpg

 今日はちょっとした話ですが、佐賀市松原のセントラルにあるシアターシエマへ映画を見に行ってきました。

 と言うのも、現在シアターシエマでは午前十時の映画祭と言う過去の超名作映画50本を週替わりで公開するという、中々おもしろい企画をやっていまして、私の好きな映画が公開されていたので、スクリーンで見れるこの機会を逃すわけにはいかない、っと言うことで見に行っくことになった次第です。

 日曜日だったのでもしかしたら混雑してるかなと思ったのですが、お客さんの入りは半分くらい。

 混雑は嫌だし、ガラガラもちょっと嫌ですが、非常に丁度いい混雑具合です。

 10:00に開始のところ9:40頃に少し早く付いたので、一番良い席をとれました。


IMG_8393.jpg

 そして、今回見てきたのは名作「アラビアのロレンス」

 砂漠ばかりでてくる超名作映画です。(長いので途中で休憩が入ります)

 DVDで何度も何度もみてセリフの物まねができるくらいなのですが、いやーやっぱりこれは名作であります。月並みな言い方ですが、大きなスクリーンで見ると迫力が違ってすばらしいです。そして、お腹に響くような音楽もまた素晴らしい。そして3時間半はながい。

 このほかにも、ベン・ハー(これも休憩が入る)やら、裏窓、ショーシャンクの空に、ライムライト、クレイマークレイマーなどなど、本当に有名な名作ぞろい。

 知らないのもあるので、週末に一本ずつ見ていこうかなっと計画しているところです。妥協して2週に1本とか。

 午前十時の映画祭といいつつ、シアターシエマでは午前十時に限らずやってるみたいなので、興味をもたれたかたは是非どうぞ。

うまかどんの野菜&牛肉カレーうどん 


うまかどんの野菜&牛肉カレーうどん
■におい立つかのような、うまかどんのカレーうどん580円

 こんばんは。

 先週の話になりますが、佐賀から大川へ向かう208号沿いのうどん屋「うまかどん」へ行ってきました。

 うまかどんと言えば、肉うどん、後はとん汁あたりもおいしいんですが、何といっても私が一押しなのは、肉も野菜もたっぷりの野菜&牛肉カレーうどん。580円也。

 ここのカレーうどんは、スープと言うよりも普通のカレーに近い感じで、ゴロゴロっと入ったジャガイモとニンジン、なす、かぼちゃ等の野菜類、そして牛肉っといろいろな具材が入っており、それらを混ぜながら食べるわけですがこれが何ともいい味!。

 私がカレー好きなのを差し引いても、非常にお勧めの一品です。これは美味しいので是非一度食べてみてください!(^O^)/

ぽかぽか温泉名物 シシリアンライス! 


ぽかぽかシシリアン
■ぽかぽか温泉名物 シシリアンライス

 こんばんは。

 ぽかぽか温泉に行きまして、風呂上がりにお食事どころでシシリアンライスを食べてきました。

 突然ですが、温泉&銭湯と言えば、イメージするのは最初にやっぱりお風呂!。そして次は富士山の絵だとは思いませんか?

 しかし何ということでしょう。

 ここぽかぽか温泉には富士山の絵が無いではないか。ここ、九州は佐賀のぽかぽか温泉にも佐賀らしい富士を!!。

 こういう気持ちをぽかぽか温泉のスタッフの方々もお持ちだったようで、ご当地グルメのシシリアンライスを、ぽかぽか温泉ではこんな感じに仕上げられておりました。

 味、抜群のボリューム、手頃な値段と3拍子揃った盤石の名物シシリアンライス。勝手に名物などと書いてますが、わたしの中の名物なので誤解の無きようにお願いします。

 さて、日本の心よろしく、この大迫力のシシリアンライスで一句詠んでみることにしましょうか。

<今日の一句>

 風呂上がり 眼前に聳える(がんぜんにそびえる) キャベツ富士

<私訳>

 風呂上がりに眺める、そのキャベツでできた富士は、なんとまあ立派なことか。


 さてさて、今日はお風呂上がりで気分もいいので、さらに前句付けにしてみますと、


 ※ その前に、前句付(まえくづけ)とは??

   非常に簡単に言いますと、前句付けとは初めに575なりお題があって、
   それにさらに77を付けてうまい具合にまとめる歌の形になります。

   今回の場合に限って言えば、要するに575で上手くまとまらなかったってことです。


<前句付けにして一句>

 風呂上がり 眼前に聳える キャベツ富士
 朝と夕で おもむき異なる

<私訳>

 風呂上がりに眺める、そのキャベツでできた富士は、なんとまあ立派なことか。
 しかも、朝と夕と見る時間によって、違う見え方をする。


 えー、なんか余計に判りにくくなったので、さらに解説までつけてしまいますと、昼に注文した時と、夜遅く10時ぐらいになってキャベツが余ってる日のシシリアンライスのキャベツの山は、いつもより1.5倍くらい凄いですということです。もう明らかに量が多い^^;

 そんなマジックアワー的な時間が時々あるので、それを楽しみに注文するのも悪くないと思います。

バジルバジルのパスタランチ&ピザランチ 


自家製ミートソースボロネーゼ
■ピザランチ 850円(大盛り+100円)

 嫁さんと2人で休日の昼御飯へ行ってきました。

 最近は外で食べるとなると、ラーメン・うどんなどが多かったので、たまにはパスタでも食べるかっと言うことになりまして、パスタが美味しいバジルバジルに行くことになりました。

 店内は相変わらずおしゃれな雰囲気で楽しいランチタイムと言った感じ、そしてやっぱりと言うか女性客が非常に多い。9割以上、むしろ私以外ほとんどが女性と言う状況でした。

 この日は、奥の個室席に大人数の若い女性の団体がおられるようで、時折キャーと大騒ぎする声がしておりました。ほんと女性に人気の店ですなー。お酒が入っているのかいないのか昼間っから元気です。

 私たちが注文したのは、ランチメニューの定番どころで、パスタランチとピザランチ。

 5~6種類から選べるパスタは、ナスとミートソースのボロネーゼをチョイス。ちなみに100円増しの大盛りです。そしてやってきたパスタ。ミートソースって久しぶりだけど安心の味で非常にいい!!。ちょっとタバスコかけるとさらにいい。

 使ってる食材は、ごく普通のスーパーで買えるものばかりなのですが、こんな感じのパスタが自分でも作れたらいいんだがなぁ。パスタを食べると毎回そう思います。

 
気まぐれピザ
■ピザランチ 900円

 そんでもって、こちらはちょっと後で来たピザランチの方。

 このピザと同じタイミングで、奥の個室の連れの方とおぼしき数名の若い女性が追加来店。奥の方はすでに結構な盛り上がり方ですが、まだそろっていらっしゃらなかったんですね。^^;

 話がそれましたが、こちらのピザもまた美味しくって、唐辛子のオイルをかけて食べるとピリッとしていい味でした。

 薄味なのに美味しいのがいいんだよなぁ。

 
 やっぱりたまには外で食べて勉強してみないとですな。・・・と言う気持ちを込めまして、今日は一句詠んで〆ようかと思います。

<〆の一句>

 こんなのを 家でもつくれりゃ いいのにな


 私は少しばかし料理もするので、ピザもパスタも家でたまに作るのですが、それなりに美味しいものの、あれこれ足してしまい、ついつい濃い味になってしまうので見習わないとです。

 きっと、普段料理をされる女性の方などはみんなそう思っているんでしょう。

 もちろん奥の個室の方々もわーわー騒いでおりますがきっとそんな事を考えながら・・・いやいや、食事と言うのは、美味しく、そして何より楽しければそれで良いんだと思われます。^^;

 さて、今日はこれまでで。

 それではまた。




住所 佐賀県佐賀市兵庫南3-14-25 1F
電話 0952-40-7826
営業時間
 ランチタイム 11:30~14:30
 カフェタイム 14:30~17:30
 居酒屋タイム 17:30~26:00(L.O25:00)

キー坊の唐揚げ定食はやっぱり凄い 


唐揚げ定食。
■キー坊の唐揚げ定食 750円

 休日。

 今日は嫁さんが用事で出かけており私一人だったもので、昼ご飯を食べに川副の鹿江にあるお食事処「キー坊」にいってきました。

 キー坊に行く時は、車を運転している時から毎回迷うことがあるのですが、それは何かと言いますと、キー坊の看板メニューである唐揚げ定食を食べるかどうかです。

 くだらない問題かと思われるかとしれませんが、と言うのもキー坊の唐揚げ定食は、とにかく量が多くて間違えなく食べきれない、そして間違えなく途中で味に飽きてしまうほど、唐揚げの数が半端じゃなく多いのです。

 今回もまた、迷いながら店に到着したわけですが、店に到着してみれば周りの男性客のほぼ9割が唐揚げを食べている状況。

 不思議なもので人が食べているのを見るとやっぱり食べたくなるもの、私もまた当然のように唐揚げ定食を注文することになりました。今日もお腹いっぱいになりすぎるなぁ(ー。ー;)

 でも、キー坊に来てこれを頼まないとちょっと損した気分になるので困りものです。


唐揚げ13個

 山のように盛られた唐揚げ全景。

 そういえば、前回きたときは食べながら数えても途中でこんがらがってしまい数えそこねたので、今回は唐揚げの数を360度方向から見回して最初に集計。

 そして、一生懸命数えた結果、唐揚げ13個(良く見るとメニューにも13個と書いてあるので間違えなし)。うーん。6個もあれば十分なのですが、やっぱり抜群のボリュームです。

 なんか数と量のことばかり書いてますが、この唐揚げいっつも揚げたてジューシーで、中々いい味。

 熱々で食べるのが大変ですが、勢いで食べないと満腹になるので、むしゃむしゃ食べます。


お持ち帰り

 ・・・そして、やっぱりといいますか、今回もとても全部は食べきれず・・・(ー。ー;)

 今まで一度も全部食べきったことがないし、私も年齢的には下り坂なのでそりゃそうです。

 半分ほど食べたところで、無理に食べるのがもったいなくなりまして、おばちゃんにお持ち帰りパックをくださいとお願いしてしましました。


<〆の現代短歌>
 キー坊で 唐揚げたくさん 食べたけど
 家に帰っても 唐揚げ記念日


 なので、今日は家でも唐揚げカレーです!




■ごはん亭キー坊

・住所 佐賀県佐賀市川副町大字鹿江1020-2
・営業時間 11:30~14:30 17:00~21:00
・定休日 火曜日
・駐車場 多数

カームで久々の日替わりランチ 


カームのランチ
■カームの日替わりランチ500円

 とある最近の昼休み。

 いつもは職場でお弁当(愛妻ではなくて注文のやつ)を食べているのですが、たまには気分を変えて外にでようかと思いまして、STSの交差点のすぐ近くにある、ランチのお店「calm(カーム)」に行ってきました。

 職場からは往復で徒歩10分ほどの距離なのですが、ちょっとした運動にもなるし、何より外に出ると気分転換になっていい感じです。

 思えばカームに食べにくるのは3年前に転勤して以来なので実に3~4年ぶりですが、お店のアットホームな雰囲気も変わっておらず安心です。今回もまた、前にいつも頼んでいた日替わり定食を注文しました。

 この日のメニューはトマトソースの唐揚げと、レンコン、カボチャと相変わらずの安心ヘルシーメニューでした。唐揚げはジューシーだし付け合わせの野菜もおいしくて大満足。とくにレンコンとかヘルシーでいい感じです。

 体にいいもの食べて。

 ちょっと歩いて。

 空を見上げて。

 そして、らららららー。

 精神的にも肉体的にも、非常に満たされた昼食となりました。
 また食べにこよう! 
 



■カーム
住所 佐賀県佐賀市城内2丁目12−18
電話 0952-26-9685
駐車場 なし ‎

節分に、福よこいこい、豆巻き&恵方巻! 


寿司ろうの恵方巻
■スシローの恵方巻き 300円

 こんにちは。

 今日は2月3日。節分です。

 職場でお弁当の注文を行っていたところ、給湯コーナーにくるくる寿司「スシロー」の恵方巻きのチラシを見つけました。注文しておけば配達してくれるそうで、スシローはこんなこともやってるんですね。

 たまには太巻きを食べるのも悪くないし、何より縁起ものなので、せっかくだし晩御飯用に購入してみることにしました。

 この大きさで300円なら安い。

 今年は確か南南東を向いて食べるとのことだったので、ルール通り一言もしゃべらず黙々と完食。

<節分の一句>
 恵方巻 味も判らず 食べ終える


 エビや鰻、卵にカンピョウなどの具だくさんで中々おいしそうだったのだが、本当に一気に食べてしまったため、食べ終えてみれば特に味の感想は無し。

 どれだけ幸せがほしいんだか(ー。ー)。

 
豆巻き
■豆まき

 続きまして、縁起ものは何でも乗ってやれということで、お次は鬼のお面と豆の入った節分セット。

 こちらは、嫁が買ってきたのですが、軽く玄関と縁側に豆巻きした後に、お互い歳分を数えて食べることにしました。正しい食べ方は、数え年なので年齢より1粒多く食べるのが正解なのだそうです。

 そこで、一粒づつ数えて食べ出してみたものの、かなり沢山余ってしまったのと、お腹一杯にもならなかったので結局は50粒以上食べる始末。

 食べすぎた分多く幸せくればいいんだよ。地味だけど食べ続けてしまう味です。

 これで、節分2大イベントを制覇。今年は恵方巻に豆まきと節分堪能いたしました!。

 西洋文化のクリスマスやバレンタインとは違い、和製の催しは地味なもんですが、やってみれば結構楽しいもんですね。

 幸福とはこうやって地味ーににじり寄ってくるものだと思います。


 そして、豆を食べ終わったあとで暇だったので鬼のお面で遊んでいたところ、よく見れば鬼のおでこに何故かTVの文字が?。鬼なのにTV?。なんでだろう??
 
 不思議に思っていたところ、さらによく見れば、鬼の顔にDIGITALと書いてあります。なるほどね・・・

<節分の一句>
 この鬼は、何とか省の 回し者??


 要するに、もうすぐ終了するアナログ放送からデジタル放送への移行に関する、地デジ化の啓蒙活動なのでしょう。なるほどね。

 しかし、はたして地デジ化とは、こんなに力を入れてやるべきことなのでしょうか。人間のみならず、鬼やら鹿やらの力を借りてまでやるべきことなのでしょうか。

 よしんばそれで良いとしても、この絶対にやり通すと言う勢いを、他の施策で発揮できないものなのでしょうか。

 ・・・

 ・・・っと珍しく政治批判なんぞして、今日はこのあたりにしたいと思います。


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。