スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道出張でラーメン! 白樺山荘 


味噌チャーシュー
■注文 味噌チャーシューメン 980円

・場所 札幌ら~めん共和国
・営業 11:00~20:30 

 札幌ラーメン。まさかのラーメン2件目。駅の近くに札幌ら~めん共和国なるものがあるとの情報を得まして帰りに立ち寄ってみることにしました。食べに行ったのは、昨日のラーメン横丁にも支店があった「白樺山荘」。

 昨日に引き続き今日もまた味噌ラーメンです。正確には味噌チャーシューメン980円。しかしまあ、こちらもまた普段食べないだけに不思議なくらいうまいです。

    ・・・続きを読む

スポンサーサイト

北海道出張でラーメンその1 「萬来軒」 


萬来軒
■注文 味噌ラーメン 700円(??)

・場所 札幌 ラーメン横丁
・営業 月~木:~翌2:00 金土:~翌3:00 日:~PM8:00

 北海道に出張に言った話の続き。もちろん海鮮丼だけではなくてほかにも色々食べてきたわけでありまして、すすきので飲んだ〆にラーメン横丁の「萬来軒」にてラーメンを食べてきました。

 食べたのはもちろん味噌ラーメン。飲んだ帰りの小腹が空いたか空かないくらいの状況だったにも関わらず、これがかなりうまかった!。


ラーメン横丁

 ちなみにこちらのラーメン横丁。文字通りラーメン屋が軒を連ねるという言葉がぴったりの通りとなっており、17件のラーメン屋が一つのアーケードの中に密集しているという、すさまじいラーメン競争率の横丁になっています。

 これだけ密集してなおかつ経営が成り立つというのは素晴らしいことです。


萬来軒ラーメン

 太くて腰のある麺と味噌味の濃いスープ。こりゃうまいですなぁ。

 北海道うまいものたくさんありますねえ。

北海道出張で海鮮丼 「魚河岸 甚平」 


特製海鮮丼2800円
■注文 特選海鮮丼 2800円!

・場所 JR札幌駅 パセオプレジャーランドB1
・営業 不明(所謂レストラン街なので、そのくらい?)

 仕事で北海道出張に行ってきました!。ビバ北海道(^0^)!!

 もともと出張好き(むしろオフィスワークが嫌い??)な私としては、南は九州から遠路はるばるやってきたというのもありまして、普段の出張とはテンションの上がり方が違うわけです。

 JR札幌駅についたのが狙ったかのような12:00でありまして、到着早々奮発して普段はあり得ない値段設定の特選海鮮丼を食べてきました。

 お昼から2800円・・・そりゃうまいよね。海鮮のうまさが半端じゃないのです。

 うーーまーーーいーーー(T_T)。


三色丼 3000円
■注文 特選三色丼 3000円!

 そしてこちらは私と同行の係長が注文された「特選三色丼」。こちらも驚きの3000円!。

 ウニ・カニ・イクラの三拍子そろったテンションとともにコレステロールをガンガンあげる一品ですが、むしろこれを食べながら死ねるなら幸せとさえ思えます。

 こちらもめちゃおいしそう!。

 出張のテンションはその移動した距離に比例する、そして地のものを食べるべし。北海道最高!

博多ラーメン一竜@ヨドバシカメラ4F 


一龍ラーメン
■注文 ラーメン 580円

・場所 博多駅筑紫口ヨドバシカメラ4F
・営業 11:00-23:00

 最近は家電ブームとでも言うような不思議な風潮がありますが、仕事帰りにヨドバシカメラで電化製品を物色しに言ってきました。とくに買うものが決まっていないこの感じは、本屋で言うところの立ち読みに限りなく近いものだと思われます。

 そして、小一時間ほどバンクーバー五輪の映像が流れるテレビがでかい、パソコンが安いなどと電化製品たちに癒されたのち、時間も遅くなったので4Fレストラン街にある博多ラーメン一竜にて晩ごはんを食べて帰ることに。

 こういうレストラン街にあるラーメン屋ってやつは、なぜかそんなに旨くないんじゃないかなどと疑念を持ってしまうのだが、一竜の豚骨スープとコシの強い細麺・・・結構うまいんじゃないの?。

 なんかお腹が空いていたのもあり、すいすい食べてしまい味をよく覚えていないのでもう一回食べに行ってみようかな。

久兵衛の天茶丼@博多駅東 


天茶
■注文 天茶丼 750円

・場所 福岡県福岡市博多区博多駅東2丁目3−29−2F
・営業 ランチタイム 夜は居酒屋

 天茶丼うまい!(^Д^)

 アンコールワットの旅行記のせいでここ最近グルメ的なブログが実質ストップしていたわけですが、久しぶりにお昼の話。博多駅のヨドバシ近く(職場近く)の和定食屋「久兵衛」へ昼ごはんを食べに行ってきました。
 ちょっと豪華な感じの和定食が食べれる(オフィス街付近ですので夜はもちろん居酒屋)お店です。

    ・・・続きを読む

ハッピーバレンタイン (≧▽≦)! 


ゴディバ
◆頂戴 GODIVAのチョコレート

 本当に長かったアンコールワットのブログがやっと終わり、気が付いてみればもうバレンタイン。こんな長さになる予定ではなかったのですが、本当に長かったなぁ。

 久しぶりの旅行記以外の更新ですがバレンタインの話題で。こんな私も男性のはしくれですので昨日の金曜日に職場でチョコレートを頂きました。名前はよく聞くGODIVAのチョコレートです。

 チョコレートなどに全く詳しくないのですが、人気(有名?)なだけあってクリームチョコレートがまろやかで非常にいい味。なんというか味に高級感があります。
 しかし、このキャンディーのようなタイプのチョコレート。写真に撮りますと、なんと言うか形が形だけになんとまあ小さく見えることか・・・。

 そこで、私も土木系技術者のはしくれであるわけで、サイズが判るように近くにあった消しゴムと一緒にわざわざ写真を撮ったのですが、なんか消しゴムが結構でかいので余計に小さく見えるよね・・・まるで飴玉のようではないか。(― 。―;

 これが思いの大きさを表わしているのかもしれませんが、まあ味は良かったのでいいじゃないですか!!。


SUGOKA.jpg
■販売 SUGOKA

 そういえば、久しぶりの更新(普通の更新)なので別の話題をもう一つ。話は全く変わりますが職場からの帰りに博多駅で「SUGOKA」カードを販売していました。

 たぶんこのマスコットはスゴカくん?。(私の独断ですが)

 女子高生の集団から写メを撮られていたので、私もそれにまぎれてついでに写真を撮影。30男がまぎれられるとは思えないですが、雰囲気的に楽しい感じ(笑顔で激写)だったのまあいいでしょう。

 ところでこのSUGOCAは、要するにSUICAやらIKOCAの九州版(ちなみに北海道はKITACA)なのですが、これまで博多駅近辺でしか使えなかったのが、もうすぐこのSUGOCAカードも全国で使えるようになるそうです。それぞれの地方のカードを使うというのも地域性があっていいもんですね。

 切符を買わなくていいし何かと便利なカードなのですが、JR九州には2枚切符やら4枚切符、ミニ回数券など独自の割引制度があるのでカードを使うとその割引が使えなくなる。このあたりをうまく解消できれば一気に普及できそうなものですが、どうにか考えてほしいところですねえ。

 スゴカくん「ゲロゲーロ、ゲロゲーロ。(そんな小さいこと言わずに買ってよー)。」

 私の中のスゴカくんのキャラはこんな感じ。なんか吐いてるみたいですが。

アンコールワット旅行記34 帰国の途 


グッバイアンコールワット
◆遺跡からの帰り道に窓から見えた風景。

 遺跡を後に空港へ。帰りの車窓からはアンコールワットが流れるように消えていきました。バテバテのくせにカメラをなんとか取り出して撮った最後の一枚です。

 これからまたシェムリアップ空港に行き、カンボジア航空とベトナム航空を乗りついで10時間ほどかけて日本へと帰ることになります。あーしんどい!


帰路
◆帰国の途
 
 最後はバテバテで体力の限界を感じたところでしたが、本当にあっという間の旅行でした。

 遺跡が素晴らしいのは言うに及ばず、東南アジアへの旅行が初めてなのもあって、珍しいものばかりで元々子供っぽい性格なのですが、まるで童心へ帰ったかのようなあっという間の5日間(観光は3日だけどね)でした。

 これから行く人の参考になるかわかりませんが、前半にはしゃぎすぎないのがポイントなんだと思います。

 そしてもう一つ実感したのは、アジアの人々の生活と日本との差。月並みな言い方ですが、世界の中で私たちがどれだけ恵まれているかを改めて実感したところです。この貧困をどうにかできないものか。私が見たものはほんの一部なのでしょうが、いろいろと考えさせられる旅でした。


日本はまさかの雪
◆日本はまさかの大雪

 そして10時間かけて日本へ到着。カンボジアは30℃の炎天下だったのですが、帰国してみれば大晦日の日本はまさかの大雪。体温調節もままならないまま、高速バスの中で昏々と眠り続け、本当に疲れきって家へ到着しました。

 そして、そのまま大晦日から丸一日泥のように眠り続けて2010年を迎えております。

 ブログに書くのに1か月もかかってしまったので、今となっては遥に昔の出来事のようで、むしろ本当に行ったのかさえ疑わしいくらいです。

 忘れっぽい性格なので旅の記録としてここに書きとめておきます。

 それにしても長々と書いてしまったものですが、面白い旅行だったのできっと一生の思い出になるのでしょう。本当に良い国ですので、興味をもたれた方は是非一度訪れてみてください。

 個人的な記録を長々と読んでいただいた方、どうもありがとうございましたm(_ _)m


 →  旅の最初から読む 

アンコールワット旅行記33 プレループ他 


プリヤカーン入口
◆プレループ

 タ・プロームを後にして、最後に小さい遺跡をいくつか見たのですが、もともとバテバテなのに炎天下での観光のため日射病寸前で正直もうヘロヘロでして、すでに歩くのがやっとの状況になってました。本当に体力勝負の観光です。(^_^;)

 おもしろい遺跡もあったのですが、もったいないことにぼんやりとしかおぼえておりません。

 ブログもえらく長く書いてきたため私の語彙的にも遺跡を表現する言葉がもう出てこない状況でもあるため、最後の最後でまさかのダイジェストでいきたいと思います(―。―;)

 参道の、先に見えるの、なんだろな?


    ・・・続きを読む

アンコールワット旅行記32 タ・プローム2 


タ・プローム 絡みつくガジュマル
◆タ・プロームのガジュマロ

 引き続きタ・プロームから。

 遺跡を飲み込むかのようなガジュマロの木の根。数百年かけてじわじわと遺跡に巻きついてきたのでしょうが、とてつもない時の流れを感じさせる驚きの光景です。

 ここまでに遺跡を見てきた感想が、過去の文明に対する驚嘆だとすれば、ここタ・プロームでは自然の前では人間の文明などささやかなものだと同じ遺跡を見てもこれまでとは全く異なった印象でした。

 人の文化もしょせんは自然の一部と言うことですか。

    ・・・続きを読む

アンコールワット旅行記31 森の中の遺跡 タ・プローム 


タプローム入口
◆タ・プローム入口

 旅も佳境。最終日午後にやってきたのはジャングルの中の小さな遺跡タ・プローム。

 ほかの遺跡と比べて大きいわけでもなく文化的に凄いわけでもないのですが、実は私がガイドブック情報の中で一番興味を持っていたのがここ「タ・プローム」です。

 これまで見てきた遺跡はある程度修復され原型に戻されていたのですが、この遺跡はジャングルの木々に飲み込まれた環境を生かして、自然の中で崩れゆく遺跡として整備がされているのです。

 他の遺跡が当時の姿だとすれば、ここタプロームは自然の中で数百年間眠り続けた姿といったところでしょうか。

 最初で迎えてくれる門の彫像も、これまでのようにきちんと積みなおされた石組みではなくここでは崩れかかったままにされており、同じ遺跡でも趣が違っています。

    ・・・続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。